完全に名前が悪すぎるバンド、”This Love”

Pocket

 

みなさんthis loveと言ったら何が出てきます?

別に洋楽好きでなくとも、Maroon5 のアノ曲が思い浮かぶと思います笑

あるいはテイラー・スウィフトの曲、邦楽好きな方はアンジェラ・アキの曲?

ほんとに、Maroon5のthis loveは有名すぎてカバーも数えきれないくらいあります。

韓国のBIGBANGとか、あのUNCHAINとか・・・

それはそれで良いんですが、”This Love”というバンドが存在するんです。

いや、しました、ですね。今は解散してしまったみたいです。

そもそも、解散したというのもYoutubeのコメントを見て知ったくらいに、情報が見つからないバンドなんですが、それもそのはず、this loveで検索しても上記のMaroon5の曲とか、日本語ならアンジェラアキの曲しかヒットしないんですね。笑

this  love  bandで調べてもなお、公式のものは動画くらいで、バンドの情報がどこにも見当たりません。

よーくよーく探してやっとこさ見つけたのは、これでしたね。

今はボーカルとベーシストで Red Hot Revivalっていうプロジェクトやってるみたいですね。

そんな無名のバンドですが、楽曲はかなりレベルが高くて、特にボーカルの歌声がめちゃめちゃエモい。

ジャンル的にはemo/pop/rockというかんじ。演奏がすごいとかではないんだけど、メロディが圧倒的にロマンチック。それにvo.の個性的な掠れ声がそれを際立たせてます。

冬になると聴きたくなるし、夜になると聴きたくなるし、海辺に行っても聴きたくなるし、星空の下でも聴きたくなる。

つまりロマンチックな場所に行くと聴きたくなるってことです。

ロマンチックな空気って、普通ジャジーな音で出すもんだと思うんですけど、違うんですねー。

メロディだけで情景を想像させるってのは、すごい才能だと思います。

一番ロマンチックな曲がlike a million lightsって曲で、もろに星空の下で聴きたい曲ダントツです。

歌詞は聴いてもよくわからんのですが、サビのところの

If I could start from the beginning,
create the oceans and the cities
Light the sky with a million lights,
illuminate the darkest nights

って歌詞がむちゃくちゃ印象的です。

「もし、神様になって世界を創れるとしたら

まず海を創って、街を創って、それから百万の光で空を埋めて

この暗い夜を彩るんだ。」ってね。

なんてロマンチックな。全体としては別れの曲かな?ってかんじです。

 

あとtidesとかreflectionとかは・・・

この時期のお台場海浜公園で海を見ながら・・・

六本木、有楽町、銀座らへんのイルミネーションを見ながら・・・

お相手がいる人は一緒に行って聴きながらぬくぬくすると良いんじゃないですかね…。笑

とまあ、ここまでレベル高い曲作れて、ここまで知名度がないのは、完全に名前のせいで検索されなかったせいでしょうね。

解散こそしましたが、音源は2つあるのでぜひ聴いてみてどうぞ。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*