星を歌った曲にハズレはない。-邦楽編-

Pocket

 

 

 

 

 

タイトル通りです。言いたい事は。

ロックバンドに様々な曲があれど、星に願ったり、星を数えたり、星空の下で君を想ったりするようなロマンティックな曲には、ハズレがありません。歌詞がロマンティックなら、メロディもロマンティックでエモく仕上がった曲ばかり。エモ専なバンドでなくとも、そこに寄せてきてる曲が多いので、やっぱり、星の歌って最高だな。

1. ELLEGARDEN スターフィッシュ

 

言わずと知れたELLEGARDENの「こんな星の夜は、全てを投げ出したって、どうしても君に会いたいと想った」曲。

細美武士にここまで会いたいと思わせる女はどんな人なんでしょうかね。笑

2. KANA-BOON 結晶星

 

これまた言わずと知れたヒット曲製造バンドKANABOONの「キラキラと輝いているその姿が欲しいと願った」曲。

この曲で衝撃を受けてKANABOON好きになったのを思い出します。アルペジオが最高ですね。

PVがかなり秀逸。泣けますよ。

 

3. ねごと カロン

 

星の歌と言ってこの曲を挙げないわけがない。ねごとの代表曲。「近くて遠い月が、きみみたい」な曲。

手が届きそうで届かないあなた。ああなんて切ないんでしょう。笑

AWAで見つけて衝撃を受けて、しばらくこの曲しか聴きませんでした。

 

4. SHAKARABITS 星空の下で

 

結構古い曲。題名通り、「星空の下で、二度とないあの日々を想って歌う」曲。

この曲を発見した当時は小学生で、わざわざCD買ってきてMDに入れて聴いてたのを思い出します。

「君となら、この場面で同じ涙を流しただろう」ってフレーズがグっときますね。

久々に聴くとやっぱUKIちゃんのハイトーンボーカル気持ちいいです。今どうなってんだろうなぁ。

 

5. LOSTAGE  PURE HONEY

どこをどう探しても音源が見つかりませんでした。明星大学コピーバンドの動画が唯一(動画内6分23秒から)。弾いてみた系カバーも全然ねぇ。なんでだ。

LOSTAGEってーバンドは結構轟音聴かせるというか、割とストレートロックみたいなイメージで少し苦手なんだけど、この曲だけはめちゃポッブ。

「誰かが歌にして、夜になって、星になる」曲。

初めて聴いたのは友達の車で。サビのコード進行でマジで泣きそうになりました。

6. 藍坊主 テールランプ

僕が藍坊主で一番好きな曲。「灰色の夜を駆け抜けて、あの子に星を見せたい」歌。

このバンドはかなり直球なメロディで勝負するタイプだけども、もうこの曲はどストレートに刺さりますね。歌詞の流れとか、メロディとか、全然洒落てなくて垢抜けない感じだけど、それが良い味を出してるんだよなぁ。

 

7. Crystal Lake  Metro

 

毛並みの違うところから。「眠れるまで星を数える」歌。

めちゃめちゃデカくなったクリスタルレイク。世界基準で活躍してますね。

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*