【無職】或るパチスロ生活者の一日【ばんざい】

Pocket

・・・さて。あなたの身近な人間に、スロプーって居ます?

いたとしたら、その人はどんな印象です?

 

好きなときに好きなだけスロットだけやって、勝ったお金で夜遊びして、あとは家でぐーたらして、酒飲んで、テレビみて。みたいな?

底辺、人間のクズ、ギャンプル依存の末路?

金髪オラ系、貧乏フリーター、最底辺?

 

スロプーって言葉に良い印象を抱く人は皆無ですよね。

想像するとなんか嫌悪感のような、関わりたくないような、いやーな感情が起こりますね。僕もです。

 

さて皆さんがどんな感情を持つかはわからないですが、、、

スロプーって、決して楽ではないし、楽しいことばかりでもないし、意外と真面目にスロットっていう「遊戯」と向き合ってるんですよと、とある冴えないスロプーは思ってます。

 

という訳で、とある一日をご紹介しようと思います。

 

7:30 起床、風呂、身支度

その後シャワーを浴びて、身支度。650mlのペットボトルにお茶を用意して、出発。

忘れ物が無いかしっかり確認。

 

8:15 出発、朝ご飯

すき家の「朝まぜのっけ牛定食大盛り(370円)」をかき込んで、セブンのコーヒー(100円)を飲みながら、一服。ホールに向かう。

 

9:00 店舗到着、並ぶ

並んでる間、ポッドキャストでニュースを聴いたり、Youtubeで動画みたり、将棋ウォーズやったりして暇つぶし。涼しい今の季節はこの時間が至福。極寒だったり極熱だったりすると、それだけで地獄。

また、この時間で本日の狙い台の確認、開店してからの自分の動きをシミュレート。

 

10:00 開店、入場

狙い台を確保してから、店内状況の確認。う○こしたければトイレ。

 

10:15 遊戯開始

周りの台の状況を見つつ、遊戯。

期待値が無いと判断した時点で、次の台へ移動。そして次の台も期待値が無いと判断したら即移動。以下繰り返し。

 

14:00 休憩、昼食

打てる台が無くなった時点で昼食へ。もし打てる台が無くならなければ、休憩は無し。

最近は、ほっともっとのお弁当を買って、一旦帰宅して食べるのがマイブーム。

 

15:00 カフェで一服

食後のコーヒーとタバコは欠かせない。

 

16:00 店舗に戻り、台を探す

打てる台があれば打つし、無ければひたすら将棋ウォーズ。

 

22:00 遊戯終了、他の客がいなくなるまで待機

8割方引けばオッケー。

将棋したり、タバコ吸ったり、コーヒー飲んだり。

 

22:20 明日の為の下見

翌日打てそうな台のチェック、メモ。

また、翌日リセットされたかどうかの判別のために、台のゲーム数、状況等も合わせて記録。

 

22:50 終了、帰宅

道中のセブンでコーヒーとお弁当を買う。

コーヒー飲みながら一服、しながら明日の作戦、自分の動きを考える。

 

23:30 晩ご飯

買ってきたお弁当を食べる。

 

24:00 youtubeを観る、将棋ウォーズをじっくりやる

ホールにいる間は、電池の消耗が激しいので、局後の感想戦はしない。

けど家ならやる。ボコボコにされて立腹。

 

1:30 就寝

 

こんな感じの一日がほぼ全てです。ちなみに土日は休みます。

夜勤やってる時より生活リズムが規則正しいです。

あと、原チャでの移動が主&眠りが浅くなる&思考が乱れて将棋ができなくなるという理由で、ほぼお酒も飲まなくなりました。

夜にコーヒー飲んでんじゃんって感じですが、僕の場合はあんまり睡眠に影響が無いみたいなのでよし(カフェイン中毒)。

 

こんな生活を続けて早くも9ヶ月を迎えました。

対人関係のストレスも皆無ですし、こういう淡々とした毎日が心地良くもあります。

枠組みは完全に決まっているけれども、打つ台やその日の展開は、一日として同じ日は無いので、適度に刺激があります。

何より、自分で判断して、自分で決めた立ち回りが、そのまま結果に反映されますからね。

言われたことを淡々とこなす毎日は苦痛でしかないけど、自分で決める淡々とした日々はおもしろいですね。

 

この生活を始めよう、続けようと思った経緯や、スロプの考えてること、スロプあるあるなんかはまた後日。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*