【ハイエナ】統計学×スロットで期待値稼働してみよう【釜堀り】

Pocket

こんにちは、お久しぶりです。

スロットにおいて「勝つこと」に徹底的にこだわったらどうなるか。

いわゆる「ハイエナ稼働」を半信半疑ではじめてから、そろそろ1年経ちそうです。

そもそもハイエナとは? 期待値とは? スロットの仕組みとは?

そんなところから考察していきたいと思います。

 

ではまずハイエナとは?というところから。

「他人が打ってヤメられた台のおいしい部分だけを狙って打つ」

これだけです。

ハイエナが残り物の拾い食いしてる様子に似てるってところからきてますね。

この言葉の雰囲気からも分かる通り、あんまり良いイメージの言葉ではありませんね。

そう、この立ち回りは一般の打ち手からは忌み嫌われます。w

なぜなら、自分が打ってた台でめちゃくちゃ出される(時がある)からです。

少しでもパチスロを触ったことがある方ならわかると思いますが、自分がめちゃくちゃにお金を突っ込んだ台で、そのあとしれっと座った人間がすぐ大当たりしてめっちゃ出す。これ結構嫌ですよね。笑

だって、もう少し粘ってたら勝ててたかもしれないのに、それを他人に打たれて自分のお金が取られたような感じがするからです。

ただこれは感情的な話。気持ちはわかりますが、パチンコ、スロットにおいてそれは「偶然そうなって」しまっただけで、後から座った人がまた大負けしたかもしれないんですね。

なぜならパチンコもスロットも「完全確率」で「独立試行」だからです。

どういうことか?

ことパチンコにおいてはすごーく単純なので、かなり分かり易いです。

定義は

「完全確率」= 「毎回同じ確率で抽選」

「独立試行」= 「2つ以上の試行が互いに影響しない」

です。ちょっとわかりにくいですね。

パチンコは、言ってしまえばガラポンです。

例えば。319個の玉があって、そのうちの一個が当たりの玉です。

当たっても外れても、一回抽選する度に、出てきた玉を元に戻してから次の抽選をします。

 

もし仮に、戻さずに抽選し続けると、319回目までに必ず当たることになります。ガラポンの中の玉がどんどん無くなっていくからですね。

結果として1回目の確率と2回目、また100回目、101回目と全試行の確率が違うことになります。

なぜなら、当たりの玉1個に対して、分母の数が変わってくるからです。

1回目は全ての玉が319個。当たりは1個。

2回目は全ての玉が318個。当たりは1個。

100回目までに当たりの玉が出ていなければ、総数220個、当たりは1個。

感覚的にわかりますね。ハズレの個数が少なくなっていくにつれて、当たる確率は高くなっていきます。

ババ抜きとかでも、序盤と終盤ではババを引く確率が全然違いますね。

 

さてパチンコで負けている人はここを誤解しています。

パチンコでは、いくら1000回当たらなかったとしても、次の試行で当たる確率は全く変わらないんです。

独立試行だから。前の結果に全く影響されないから。

ガラポン一回、回すたびに出てきた玉を元に戻してから次の一回に移るからです。

 

この誤解をする原因となっているのが、「収束」と「ハマり確率」という概念です。

「もう1000回も回してるんだから、そろそろ収束して当たるだろう」

「1000回ハマる確率は○○%だから、そろそろ当たるだろう」

度々こう思ってしまって、辞められずにズルズルいっちゃう人はマズいです。

気持ちはすごくわかります。僕もそう思ってしまう瞬間があるんですが、直後に自分に言い聞かせます。

「完全確率だから、何回回そうが当たる確率は変わらない」

「次の100回で当たるかもしれないし、当たらないかもしれない、それは誰にもわからない」

 

実際、確率は収束します。がしかし、1000回なんてのはヌルすぎて話にならんわけです。

確率の収束を確認できるのは、「分母の100倍の試行回数」というのがひとつの目安と言われています。

1/319なら約32000回ですか。(リアルに100時間以上かかりますw)

確率1/319の試行を約32000回行うと、95%の確率で誤差±20%、すなわち

(1/255.2)〜(1/382.8)の間に収束します。

これを言い換えるならば、「1/319の大当たりを100回引けば、そのときの大当たり1回あたりの回転数は95%の確率で、上記の確率に収束する」というところでしょうか。(厳密には違うでしょうが)

もう少しわかりやすく言えば、1/319を32000回試行すると、

大当たりは、125回(1/255.2) 〜 83回(1/383.8)   の間に収まる、ということですね。

大当たりの回数に直すと結構ブレてる感じがしますよね。

分母の100倍試行でも、この程度のブレなら95%の確率で起こるわけですね。

逆に言うと、分母の100倍こなしても5%の確率で(1/255.2)〜(1/382.8)の間に収まらないことが言えます。

すこしややこしいですが、ここの5%というのは、32000回を1セットとした時の確率である点に注意です。

32000回1セットを100回やって、そのうちの5回、ということです。本当に果てしない話です。

 

それくらい、確率が収束するために必要な試行回数は多いということです。

分母が大きくなればなるほど、その数もまたさらに膨大になります。

この収束という概念は、「回数をこなすほど確率通りになる」というよりは、「膨大な数の確率通りの結果によって、少数の確率から外れた結果の影響が薄まる」と考えた方が誤解が少ないです。

なので、大当たり一回にフォーカスするとパチンコの魔力に頭がやられます。

大当たり一回に限れば、3000ハマりすることもあり得るし、ハマったからといって次の当たりが早いなんてことも絶対にありえないんです。

3000ハマり!?珍しいねー。その程度です。

実際に珍しいんですね。では「パチンコハマり確率計算ツール」を用いて計算してみましょう。

確率1/319の試行が3000回当たらない確率をツールに入れると…

発生確率は、0.00812%。

大当たり12322回に1回。

と、出ました。かなり珍しい現象のようです。

これが誤解の原因の2つ目です。

例えば、現在1000回当たっていない状況を考えます。

そのとき、1500回までに当たる確率、をツールに入れて、「99.1%は1500回転までに当たる!だから回そう!」って考えると死にます。

誤解しないでください、これからこの人が1500回目までに受ける抽選は、「1/319を500回」、それだけです。

独立試行なので、後にも先にも1/319の抽選があるだけです。

しかも相手は感情を持たない機械です。

そこから1500回当たらないとか無慈悲にやりかねません。どこで当たるかは誰にもわかりません。

先ほどもチラッと書きましたが、99.1%という数字に惑わされると死にます。

それは、「大当たり100回させた結果として1回あるかないか」ということを示しているだけであって、今この瞬間にその1回を引く可能性も全然あるし、ないかもしれないし、それは誰にもわかりません。繰り返しますが、「1/319を500回」という抽選があるだけです。アイツら(台)はただただ一定の確率抽選を繰り返すだけです。

 

ではスロットは?

スロットだと少し話は複雑になります。

現行のスロット機種だと、「Aタイプ」「ATタイプ」「ARTタイプ」「A+ART」といった感じでしょうか。

それぞれ抽選やゲーム性の違いがあって、パチンコみたく毎回淡々と一定の確率で抽選しているワケではありません。

「Aタイプ」=ノーマル機種と呼ばれるものに関しては、パチンコに近いイメージです。

毎回一定の抽選を繰り返します。ですが、多くの機種でBIGボーナスとREGボーナスを別々に抽選しています。

一回転回した瞬間に、BIGボーナス1/1000の抽選と、REGボーナス1/1000の抽選を同時に受けるというイメージです。

どちらかのボーナスが当たる確率は、2/1000 = 1/500ですね。合成確率と言ったりします。

ゲーム性は違えど、パチンコと同じく毎回一定の確率で抽選しているだけなので、基本的にいつどのタイミングでヤメても期待値は変わらないということになります。

 

さて出てきました。「期待値」。

これ何?ってなるので、一旦スロットの「ATタイプ」「ARTタイプ」「A+ART」の説明は横に置いておきます。

まず簡単なところから。

さいころを振って、その出た目×1000円もらえるゲームがあるとします。

1が出たら1000円、6が出たら6000円。

このゲームを、一回100円で出来るとしたら、どうしますか?

逆に何かアヤシいですね。笑

でもやらない理由が見当たりません。なぜなら100%お金がもらえるからですね。

1が出ても、900円もらえます。

6が出たら、5900円もらえます。

ではでは、このゲームが一回3000円ならどうですか? やりますか?

このパッと見、微妙な判断を合理的に下せるようになるのが、期待値の概念です。

さいころの出目の期待値(平均)は、(1+2+3+4+5+6)÷6=3.5です。

すなわち、このゲーム1回あたりの期待値は3.5×1000の3500円というわけです。

返ってくる期待値3500円に対し、こちらが払うお金は3000円。ということはこの場合でも、やった方が得する、ということですね。

一回あたり平均500円のプラスです。

しかしこの平均というところがミソで、たとえ期待値的にプラスでも、もちろんマイナスになる(こちらが損をする)可能性も十分あり得るんですね。もちろん損をし続ける可能性も有ります。

どのくらいの確率で損するかというと、1/3の確率でマイナスになります。

さいころの目が、1と2の場合、マイナスですね。

ところが、±0のものがありますね。3です。

あとの456の場合、プラスです。

損する確率1/3に対し、「損しない」確率2/3なわけですから、このようにみると、感覚的にも得するというのがお分かり頂けるかと思います。

もちろん1/3の損する方を、嫌気が差す程連続で引いてしまうこともあり得ます。

そして嫌気が差す程続いた時に、イカサマを疑い始めるんですね。

パチスロのオカルト理論がこれになります。エンカクダー!!!カオニンショウダー!!!笑

この場合でも、さいころ自体は何回振っても各出目1/6の確率で一定、完全確率ですね。

そして、ルール上前の結果に影響されることはありませんから、独立試行です。

そうですパチンコスロットのみならず、確率に支配されている全てのギャンブルで、期待値という概念が役に立ちます。

 

さてでは、ハイエナとは?というところに戻ります。

先ほどスロットにはゲーム性があると述べました。パチンコみたいに一定確率の抽選を繰り返すだけではない、と。

多くのスロットは、まず子役の抽選をします。だいたいは、ハズレ、リプレイ、ベル、チェリー、スイカ、チャンス目等々です。それぞれに違う確率が割り振られています。

その引いた子役をきっかけとして、様々な抽選がなされます。

どんな抽選が入るかはそれぞれの機種毎に違います。

例えば、直接的にボーナスが当たるかもね〜

だったり、当たり易い状態になるかもね〜

みたいな抽選が入ります。逆に、ハズレなら何の抽選も受けてない、ってのが多いですね。

また、前回の当たりから数えて今の回転数がナンボか、というのが関係してくるものもあります。

そうなんです。スロットのAタイプ以外の機種、AT、ART、A+ART等々、全て当たりやすいところと、当たりにくいところがあるんです。

そして多くの機種に搭載されている救済機能があります。(規制によって無いものもある)

救済機能とは、○○回転の間当たらなかったら絶対に当たります、というもの。これが「天井」と呼ばれるものです。めちゃくちゃにハマっても、ここまでには絶対当たりますよ、っていうものです。

また、ゾーンと言って、ある回転数からある回転数までは、当たり易いですよ、抽選が優遇されてますよ、っていう状態に必ずなる、ってなものもあるんです。

その天井、ゾーンの仕様(仕組み)は機種によって千差万別で、こういう時は天井発動しません、とか、こうこうこういう時は天井発動したあとにこうなります、みたいなルールが機種毎に定まってるわけです。

そういう機種ごとの知識がない人間がスロットを打つとどうなるか。

そう勘のいい人はお気づき、もうすぐ天井で当たるのに、ヤメる人が出てくるんですね。

あるいは、ゾーン、当たり易いところの直前でヤメる人がいるんですね。

そういう機種毎のおいしいところ(期待値があるところ)だけを狙い打って、おいしくないところ(期待値のないところ)は他人に打ってもらう。

そんな立ち回りがハイエナと呼ばれる立ち回りのことです。

イヤらしいですねぇ〜笑

 

ただ、天井まであと数ゲーム、ってところで捨てる人はそうそういません。

人間そんなバカではありませんから、わかんないことはとりあえずまぁググりますよね。

そしたらこの機種は○ゲームが天井です、当たりやすいゾーンは○ゲームから○ゲームの間です、みたいに速攻で出てきます。

なので、割とハマってそろそろ辞めたいな〜ってなった人はとりあえず調べます。「機種名 やめどき」とかで。んで、速攻で情報が出てきます。ふむふむ。

だけど、そうやって調べた上で、なんかもうめんどくさくなったわ〜って辞めてく人、なら割といるんですね。

そういう台って、天井まで割と遠くて、感覚的には勝てるかどうかわからない、微妙。ってなるんですよ。調べた上で捨てられるくらいですから。

そんな時に、この台を打つべきか打たざるべきか、という基準をくれるのが、「期待値」です。

そのやめられた台を打って、「勝つ確率が何パーセントくらいなのか」、「平均どのくらい勝てるのか」ってのがわかります。

どのくらいの期待値を基準にするのかは人それぞれですが、期待値の概念を使えば、打つか打たないかの選択を合理的、機械的にできるようになります。

これが結構重要で、相手はパチンコ・パチスロという機械なので、勝つか負けるかはプログラムによる抽選によってのみ決定されるわけですよね。

サイコロを投げる行為をプログラム上でやってるようなもんです。

期待値に影響を与える要素が他にないということは、「期待値通りの結果になりやすい」ということです。まぁ機械がやることですからね。そりゃそうだろと。

 

なので、勝ち負けに直結する「台選び」や「やめ時」のところを機械的に、期待値に忠実に処理すれば、勝つのは当然ということになります。

 

とまぁここまで長々と説明してきたのが期待値稼働の本質、これが全てです。これ以上もこれ以下もない。非常にシンプルですよね。

期待値プラスの台を打ち続ければ勝つし、マイナスの台を打ち続ければ負ける。それだけです。

まぁ期待値プラスの台を打ってても、負けるには負けるんですけどね、1週間や2週間単位だと。そこがまぁ難しいところではあります。つらくて苦しいです。笑

 

ではまた。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*